2008年11月09日

チャリティーコンサート開催!

「ゴーイング・ホーム」に参加して下さったミュージシャンによるコンサートを開催します!


2008年11月25日(火)19:00開演 21:00終演
会場:ウェルとばた 中ホール
入場:開催協力チケットをご提示下さい。(小学生以下は不要)
開催協力チケット:1枚1000円

◇支援募金を当日、会場で募ります。
助けを必要としているホームレスの方々や支援活動への
応援の思いをお持ちよりください!御協力宜しくお願いいたします!

【出演】
谷本仰(ヴァイオリン・ボーカル)
いわつなおこ(アコーディオン)
秋元多恵子(ピアノ)
中島由紀子(ピアノ)
原田敏夫(ギター)
フクヤマワタル(ベース)
白川和宏(ドラムス)
YUKA(ボーカル)
AKKO(ボーカル)


開催協力チケットご購入・お問合は実行委員会事務局まで 
Tel.093-653-0779(平日9〜17時)
going_home_cd@y4.dion.ne.jp 

081125omote.jpg

■実行委員会を結成しました。

主催:ホームレスエイド チャリティーコンサート実行委員会

北九州ホームレスエイドCD制作委員会
認定NPO法人北九州ホームレス支援機構
グリーンコープ生協福岡
(株)サンキュードラッグ
日本バプテスト連盟北九州地方連合社会ヤスクニ委員会
日本基督教団九州教区北九州地区

*****

◇ホームレス支援の大きな鍵は、「人のネットワーク」です。

北九州市では、現在「北九州ホームレス支援機構」を中心に野宿者への支援活動が行われています。
支援機構および自立支援センターは、これまでに500名以上の自立をサポートしてきました。
それでもまだ、野宿状態に陥る人は後を絶ちません。
「ハウスレス」と「ホームレス」という言葉があります。
「ホーム」も「ハウス」も訳せば「家」ですが、使い方が異なります。
例えば、家庭でつくったクッキーはホームメイドクッキーと言いますが、ハウスメイドクッキーではありません。ホームメイドクッキーとは、家という場所でつくったことよりも、家族がつくったという要素が重要です。一方、野菜などをつくる場所はビニールハウスと言いますが、ビニールホームではありません。つまり、ハウスとは建物としての「家」を意味しますが、ホームには「家庭的な絆」があり、「人」が存在することが理解できるかと思います。
相談できる「誰か」がいれば、ハウスレス(物質的困窮・野宿状態)にならずに済む可能性が高いですし、まずホームレス(家族的関係の喪失)にならなくて済みます。
私たちは支援機構の掲げる「あんたもわしも、おんなじいのち」「ひとりで死なない、死なせない」のスローガンに深く共感し、共にネットワークを築いて、支援にあたりたいと考えます。
このコンサートを通じて、新しい共感の輪が広がることを願っています。

***


 「ゴーイング・ホーム」と銘打たれたこのアルバムは、
 少しせつなく、愛に満ち、私たちを勇気づけてくれる。
 そして、僕らを「家路」へと向かわせる。
 もし、ないなら「家(ホーム)」を創ろうと呼びかける。
      (CD「ゴーイング・ホーム」オビより)

2007年3月1日、ホームレスエイドのためのCD「ゴーイング・ホーム」がリリースされました。
1年かけて2000枚以上を売上げ、今年の3月には支援機構に400万円の寄付が寄せられました。
これは、当時始められていた「アフターケア事業(ホームレスから自立した人々のその後の生活を支えるための活動)」の大きな礎となりました。
それまでの支援の動きは、いかにはやく、多くの人を路上から脱出させるかが命題でした。
しかし、自立者が地域で新しい人生を「生きる」ためには、更なる手助けが必要でした。
ホームへ「一緒に帰ろう」と呼びかけた私たちは、そのホームを、暖かく笑顔に満ちたところにしたいと思いました。
現在、支援機構では、地域での支援ホーム拡充の重要性を訴え、新しい寄付を募っております。
このCDは6000枚プレスされましたので、今後も紹介の努力を重ね、支援への理解を広げると共に、寄付の一端を多くの方に担って頂ける機会を提供できればと願っています。


        チャリティーコンサート実行委員長 岩崎一宏


posted by CD制作委員会 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

コンサート07、終了しました!

沢山の方にご来場頂き、ありがとうございました!

ミュージシャンの方々に、とても暖かい時間を頂きました。

P1020132.JPG

当日は現状の解説パネルの展示や、解説の時間も作りました。

P1020134.JPG

収益金はNPO法人「北九州ホームレス支援機構」に寄付いたします。

posted by CD制作委員会 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ホームレスエイド・コンサート!

071220_b5c.jpg


谷本 仰 & Friends Play Standards for the Homeless
ホームレスエイド・コンサート

エイドCD「ゴーイング・ホーム」を手がけた
ミュージシャン達による、ホームレス支援のためのコンサート。
「ホーム」への思いを込めた歌の数々を、ぬくもりと共に…!

12月20日(木)
19:30〜(開場19:00)
会 場:ウェルとばた 中ホール(JR戸畑駅前)
入場料金(当日共):一般 1500円/学生 1000円(中学〜大学・専門学校生)
※小学生以下は無料(保護者のつきそいが必要です)

●出演
谷本仰(violin/vocal)
フクヤマワタル(bass)
原田敏夫(guitar)
秋元多惠子(piano/vocal)
中島由紀子(piano)
いわつなおこ(accordion)
YUKA(vocal)
AKO(vocal)



チケットお問い合せ
北九州ホームレスエイドCD制作委員会
Tel/Fax.093-653-0779〔お電話は平日のみ。17時まで〕
going_home_cd@y4.dion.ne.jp


●このコンサートの収益はすべてNPO法人北九州ホームレス支援機構に寄付いたします。
posted by CD制作委員会 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

CD評が掲載されました

0710burakukaihou.jpg


「部落解放」2007年10月号


※当該ページへの転載許可頂いて掲載しています。禁無断転載。
posted by CD制作委員会 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CD評が掲載されました

0709burakukaihou.jpg

「部落解放」2007年9月号


※当該ページへの転載許可頂いて掲載しています。禁無断転載。
posted by CD制作委員会 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CD評が掲載されました

kiji_kinyou.jpg

「週刊金曜日」2007年8月 666号

「アマチュア」というのは間違いで、それについては別項で訂正されております。
http://goinhome.seesaa.net/article/61929472.html

※当該ページへの転載許可頂いて掲載しています。禁無断転載。
posted by CD制作委員会 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

NHKにて放送があります

5月31日の午前11:50くらいから、谷本さんが取材を受けた番組が放送されます!
NHK総合・福岡県域の「ぐるっと8県・幸せポスト」です!
posted by CD制作委員会 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

世界は素敵


                   中央の右向き▲↑をダブルクリックで試聴

世界は素敵 What A Wonderful World  作詞:George Weiss  作曲:Bob Thiele  訳・改詞:谷本仰

谷本仰(vocal, violin) 原田敏夫(guitar) フクヤマワタル(bass)

「若い連中が言うんだ『おい、おっさんよ、この世界のどこが素晴らしいんだよ。戦争、飢餓、環境破壊…。素晴らしい世界って何なんだよ』。まあ、聞きな。世界はそんなに悪くないよ。オレたちが世界を悪くしちまってるのさ。世界にもチャンスを与えようじゃないか。世界は素晴らしくなるさ、そう思い願って行動すれば、ね。愛だよベイビー、愛。それが秘訣だよ。オレたちがもっともっと愛し合えば問題も減る。世界はもっともっといいところになる。オレが言ってるのはさ、そういうことさ。」
(ルイ・アームストロング、1970)
posted by CD制作委員会 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | CD内容について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活の柄


                   中央の右向き▲↑をダブルクリックで試聴

生活の柄  作詞:山之口貘  作曲:高田渡  改詞:谷本仰

谷本仰(vocal) 原田敏夫(guitar) 
フクヤマワタル(bass) いわつなおこ(accordion)

「ほんとうにそうなんよ、眠れんのよ…。」
ホームレス生活から脱出しようとしていたある男性はライブの後、目に涙をためて、そう語った。若者たちによる襲撃も恐い。

とぼとぼと歩き続ける彼らのそんな足取りを思いながらの、演奏。

冒頭部分は、支援機構による炊き出し開始時の音風景。
2006年11月24日、小倉・勝山公園。奥田代表の挨拶、みんなの声、散髪のバリカンの音…。
みんな、歩き疲れてそこに辿りつく。
そしてみんな、そこから帰っていく。
眠れないねぐらの夜へと。

【コメント:谷本仰】
posted by CD制作委員会 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CD内容について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見上げてごらん夜の星を


                   中央の右向き▲↑をダブルクリックで試聴

見上げてごらん夜の星を  作詞:永六輔  作曲:いずみたく

YUKA & AKO(vocal, chorus) 秋元多惠子(piano)
谷本仰(violin) フクヤマワタル(bass)

1995年1月17日、阪神淡路大震災。
生き残った人々は、公園に避難し、毛布にくるまって眠れぬ夜を過ごした。
誰もが「ホームレス」だった。
人々は肩寄せ合って、停電した街の上に広がる満天の星空を見上げ、「神戸の空にこんなに星が輝いていたなんて知らなかった…」と語り合っていた。

当時、被災者の一人としてその場に実際にいた友人にこの話を聞くまで、この曲は、ぼくにとって「昔」の、ただただ甘ったるいラブソングでしかなかった。

【コメント:谷本仰】
posted by CD制作委員会 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CD内容について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。